Column of TaRO's Photo - Imagination & Creativity

3次元を捕まえる箱

銀塩写真とデジタル写真。

ずっと以前から銀塩写真=フィルム写真をやってきた人からすればデジタル写真、デジカメで撮影した写真は邪道であるかもしれない。
しかし銀塩写真ですら化学反応を利用してフィルムに投影し、現像液なるものに暗室で浸し、焼くという理科室のような作業はいわば、現代におきかえればパソコンでデジカメで撮ったデータを加工するに等しいと僕は思うのだ。.
towada09.JPG
その上で、仕上がった写真を見比べてみて好き嫌いがでることはもちろん自由で当然であろうか。
然し乍ら、すでにデジタルカメラ人口はうなぎのぼりで、技術的に日本は世界の最先端を行く。デジタルカメラは携帯やスマートホンにまでツールの1つになっていて、気が向いたらカシャって撮ることができるご時世である。
それを踏まえればもはやデジカメは一人一台の「人生の携帯記録機」と化しているといえる。

名称未設定-2.jpg

加工編集する技。

僕は銀塩写真を撮るカメラを持っていないので、もっぱらデジカメで撮影している。
そのために撮った写真の管理でパソコンは欠かせないし、そのあとにプリンターで印刷する。 場合によっては撮った写真のコントラストを調整したりシャープネスなどの編集もする。
トリミングなども パソコン編集で自由にできる。 ここがデジカメ写真のよいところであろうか。
さらに、生の写真を加工してハイダイナミックレンジ編集をすると全く幻想的な作品に変わることも多い。
出来上がったものの どっちがよいかは写真家が考えることであるが、作品の封じ込められたメッセージがより印象的になれば、それがアートになると思う。 写真から踏み出したところに価値が生み出されることだってあるのだと思う。

よりArtisticに表現を加えること。

変化は誰しも嫌がる。 もちろん上手くいっていることやモノに変更を加えることはほとんどしないけれど、こと芸術の分野は上手くいっているという地点がわからないのが芸術位たる所以でもあろう。 そのために出来上がったこと一旦壊したり、やり直したりは頻繁で、アーティストはそうしながらオリジナルな世界を創っていくものだ。 写真もきっと同じで撮影した1枚の生写真であれば、そこで現像過程を除き終着してしまうが、デジタルデータとしての1枚の写真は、アートになりうる。 
つまり壊し、作り変え、加えることが可能であるからだ。 コピーし1枚を複数枚にすることも可能だし、逆光を加えたり、色調を変化させたりいとも簡単にできるのがデジタルデータとしての写真の可能性なのである。
最終的に自己満足に終わらすにArtisticに表現を加えて見る人が感動できれば、ますます撮るることが好きになるに違いない。

カメラ入門者っていったいなんだろうね。 操作が簡単にみえるけれど付いてくる説明書は結構厚かったりする。バカチョンカメラといういう言い方が昔あったけど、デジカメ中身はミニコンピュータが搭載されていて環境を察知してベストなモードを導き出す。フルオート機能しか使えないうちは初心者でMだのPだのAだのとわかるようになると初心者の仲間入りだ。そうなると僕はまだまだ初心者なのだ。

kako-WaF3xTm96usKnuXz.jpg

ピンボケは幻想的な要素になる /目黒川

ピンボケ写真っていう言葉はあまり使われなくなったね。 
アナログカメラ全盛時代はカメラに自動焦点機能が搭載されてリングを自分で回さなくても自動でできるようになってオートで何でもやってくれる機能は僕にはとってもいいのだけど、きっとプロの写真家からすると必要のない機能かもしれない。 
今はピンボケはデジタル写真を加工する際に「ぼかし」というフィルターを通して一瞬で可能だ。
「ぼかし」は、ハッとした写真に変わることも多い。